<<TOPへ

<<BACK

自動小銃

自動小銃とは?

自動小銃とはガス圧等を使用しボルトを動かして引き金(トリガー)を引くだけで続けて弾を撃ち続けられるもので多く軍及び警察などで使用されている

有名なものではゲリラ、共産圏等で使用されるAK(アブトマット・カラシニコフ、通称カラシニコフ銃)やアメリカなどで使用されているM-16やM4A1等です。

映画等ではありえないほどの弾を発射し続けるシーンがあるが実際には多くても30発程度しか装填できない

AK-47(カラシニコフ銃) 画像
アブトマット・カラシニコフ1947
(AK-47)

自動小銃はその性質からつくりが複雑になったり故障等も多いががボルトアクション式とは比べ物にならないほどの火力故多くの軍の特に歩兵などはこれを使用している

画像のAKシリーズは命中精度は良くはないが子供でも使えるほどつくりが簡素で故障も少なくおまけに安価であったため世界中の紛争で使用されており史上最も多くの人間を殺した兵器とも言われている現在では1億丁ほどが出回っているとも言われ紛争地に行けば1万円程度で購入できるという

またこれらの銃は狙撃などには向かないため狙撃銃(スナイパーライフル)の多くはボルトアクション方式が採用されている

<<TOPへ

<<BACK

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO