<TOP

<BACK

地雷(land mine)

地雷とは��
地雷とは主に地中�上に設置し、人�両の接近や接触等による外的刺激により起�接近、接触した人�両、���そ�周囲に�対象物に対�
ダメージを与えることを目�した兵器である。攻�象別に対人地雷と対戦車地雷の2種類が存在する�

以下�オタワ条�よって定義された地雷及�対人地雷の定義です�
こちらを踏まえた�で解説に入りた�思いま�

1 「対人地雷」とは、人の存在、接近又は接触によって�するように設計された地雷であって�
一人若しくは二人以上���機�を著しく害し又はこれら��殺傷するも�をい�人ではなく車両の存在
接近又は接触によって起�るよ�設計された地雷で処�止のための�を備えたも�は�
当該�を備えて�からと�て対人地雷であるとはされな��

2 「地雷」とは、土地若しくは他�物の表面又�土地若しくは他�物の表面の下方若しくは周
辺に敷設されるよ�び人又�車両の存在、接近又は接触によって�するように設計さ�
た弾薬類を��

対人地雷                                           

人(主に兵士)を対象に作られた地雷、物によって威力は異なるが多くは踏ん�足の�(くるぶ�)
踏ん�足を吹き飛�すほどに調整されており地雷を踏ん�ことが直接の原因で死に至ることは少な�
もちろん致命傷でな�しても重�あることには変わりな��で処置が遅れたり、衛生兵�師による
�な治療が見込めな�例えば戦後�民間人が被害にあった�合�出血�染症等が原因で亡くなることもある�
またゲリラ等�非正規軍や品質の悪�ピ�品などの場合威力過多となる�合がある�
威力を制限する�には�つか理由が存在する�1つはあえて殺さな�とによって敵の戦力を�傷兵に
向けさせると�も�である。例えば10編成�部隊で一人が地雷を踏ん�と仮定すれ�
まず�踏ん�人間�無力化、治療にかかる手間、一人では満足に歩けな��で誰かが肩を貸して��があったり
�傷�移動速度をあわせなければならな��で当然通常字に比べ�なる等�効果がある�
つまり殺すことによって無力化される戦力よりも�傷させることによって無力化される戦力�ほ�大きいと�
判断が理由のひとつである。も��とつは周囲に��の精神的なダメージである�
一瞬で死んでしま�りも痛みに苦し�仲間�姿は周囲のも�にとっては大きな���荷になる�

地中に埋め、それを踏ん�荷�(圧�)によって起�るタイプが多いがワイヤーなどを用�起��
地上設置型�も�もある、地上設置型�例としてはアメリカなどで使われて�クレイモア(右上��)が有名である
これは仕掛けたられたワイヤーに兵士が引っ掛かることによって�するようになって�場合が多いが他に�
リモート操作で起�たり、時限�を使って任意�時間経過と同時に起��使�も可能である�
クレイモアは�性の地雷で地面に対して水平な特定�方向へ大量�小さ�属球をまき散らすことによって
��の敵を殺傷できるも�もある。他には第2次世界大戦でドイ�が使用したS-マインのように踏��
もしく�設置されたワイヤーに引っかかると本体が上方へ飛�出しそこから�方向へ小さな金属球�
まき散らす「跳躍地雷」と呼ばれるも�も存在する(右図参�)。こちら�クレイモアのように�性はなく�方位を
引っかかった本人のみでなく��にわたって殺傷が可能であると�利点があるが反面、従来のシンプルな
地雷に比べると単価が高く設置に手間と時間がかかる、空中散�不可能等と�た�点も存在する�

敷設方法としては人が直接仕掛ける方法とロケ��空機などで空中散�る方法がある�

対戦車地雷

主に戦車や�車などの車両を�壊、無力化するために設計されて�地雷である。通常戦車などは最も攻�れやすいであろ�面の�は頑丈にできて��
側面、後方、底部など攻��危険が小さくなるにつれ薄くなるよ�設計されて�。このため防弾処��なされた軍用車両と言えども対戦車地雷による底面からの
攻�は意外と�、又戦車�ような無限軌道(所謂キャタピラ)の車両の場合踏�ことによって履帯が�れて走行不�に陥ってしま��
対人地雷同様踏ん�圧力によって起�るものが多いが磁気によって車両に張り付いたうえで起�るもの�モート操作によって手動で起�るもの等もある�
通常は人が踏んでも起�な��ある程度の重量がかからなければ起�な��作られて�、設定によって対人、対戦車どちらにも使えると�も�も存在する

航空���弾などを地面に埋めることによって対戦車地雷の代わりに使��た事例もあると�、最近では道にワイヤーを張っておいて車両が引っ掛かると
道端からロケ�が飛んでくると�た仕掛けもあるらし��

地雷原に遭�た�合�対�

では地雷原に遭�そこを通らなければならな��合�ど�るか、以下�ような対処法があります�

1、地雷除去専用の機械を使って除去を行う
  対地雷�の�した軍隊であれば専用の機械で除去を行う、かつては戦車�前方に
  ローラーを着けて地雷除去を行って�りもしたが現在はワイヤーに数�のように
  �を付けたものをロケ�で飛�し�薬を�発させることによって
  地雷を誘�させると�たものが使用されて�
  右動画は自衛隊が保有して�92式地雷原���演習です�

2、地雷原に対し攻��える
  大規模な地雷原が存在する場合にはあらかじめ航空機を用�気化�を投下することによって
  処�てしま�とがある。�兵による支援が得られるなら�地雷原を砲�てもらったり、戦車�
  主砲によって地雷原を砲�ると�手もある�、この場合地雷原�地雷を完�に処�ることは
  不可能なので砲弾が着弾し、�発の影響のある地点を進む�がある
  地上に露出して�も�であれば�距離から対物ライフルなので狙撃して処�ることも可能である

3、歩兵用の�を使�
  スコ���剣などを使って埋まって�地雷を探索することもある。地雷は通常ある程度力が
  かからなければ起�な��で�などで探る程度では問題な�(もちろん危険な作業ではある�)
  しかし�去しよ�して近づ�人間を殺傷できるように設計された地雷もあるし�去を難しく
  するために�が仕掛けられることもある�でどちらにしてもこの方法�危険な手であると��

4、人を使�
  捕虜�国市�(もちろん��て)に地雷原を歩かせると�方法もある、独ソ戦ではドイ�、ソ連軍双方が�繁に用�と�れて�
  �、地雷の種類によってはX�(Xは任意�数)踏ん�時に�すると�も�もありこの場合にはこ�方法�意味をなさな�
  犬などの動物を使�もあるが望ん�方向に進んでくれな�ど使�手�非常に悪くあまり使われることはな�
  人を使�しても動物を使�しても重量�関係から対戦車地雷に対する効果��と言える�

5、無視す�
  地雷除去のための有効な手段がな�又はあったとしても除去に時間が取れな��合�「踏ん�ら運が悪�思ってあきらめろ」と言わんばかりに
  地雷原を突っ�と�選択肢をとる�合もある。国��によっては(主に全体主義体制の国家等に多い⁾)最初から「別に兵士が地雷を踏も�構わな�と
  �たスタンスも�と行動して�場合もある�

スマ�ト地雷と地雷問�

ベトナム戦争�ころに開発された空中散�の地雷は友軍にも、さらには散�た部隊�身にもどこにあるのかが把握できず自軍にとって障害になることもあっ�
こ�ため一定時間が過ぎると無力化或いは自�るもの�定�電波によって発見�去を容易にするも�などが開発された�
もともとは純軍事的な�で開発されたものであったが、発展途上国を中�紛争後に残された地雷が問題視されるようになるとこう�た無力化機�のある
スマ�ト地雷は人道的な問題も解決しうるものとなっ�(�タイマ�などの無力化機�が故障することなどもあり完ぺきではな�)
技術的に見れば現在問題視されて�残留地雷の問題�解決可能であると�る。しかし、スマ�ト地雷は従来からのシンプルなも�に比べると高コストにな�
そもそも(現代では��)人道性を�る軍隊はむ��らと地雷を敷設したり�せず、後��ずに�らと地雷を埋めるのは得てしてゲリラなどの非正規�
である場合が多くこう�た�からすれ�高コストなスマ�ト地雷よりも中国などで作られた安価な地雷のほ�好んで使�めこの問題を解決することは困難である�

関連条�

対人地雷禁止条�(オタワ条�)
こ�条�よって現在は対人地雷(対戦車地雷は対象�)の保有、使用、生産、譲渡(売却含む)が禁止されて�
しかし大量保有国であるアメリカ、ロシア、中国、インドなどを�じめ40か国が批�ておらずこ�った国�
輸出(反政府ゲリラなどの非正規戦力へ流れて�場合もある)を続けて�ため条��実効性への疑問は根強�
日本は1997年に署名して�ため自衛隊は対人地雷を持つことができなくなって�。�海岸線を守るために自衛隊は多くの地雷を保有して��
これが使用不可能になった。このため地雷に変わる�としてクラスター�とリモコン方式�仕掛け�弾(クレイモア)によって代替する方針であったが
クラスター�につ�もオスロ条�批�たことによって使用できなくなるた�衛力の低下が懸念されて��

地雷に関する書�


<戻�
<TOPへ

SEO [PR] @[r ďAEx@o^C ^T[o[ SEO